平成30年度 公益財団法人中央教育研究所 教科書研究奨励金 公募要領


 公益財団法人中央教育研究所は、若手の研究者による教科書に関する様々な研究の発展と日本教育の改善を目的として、教科書に関連する研究に奨励金を交付します。下記の要領でご応募ください。

1.助成対象

日本および諸外国の学校またはその他の教育機関で使用されている教科書についての様々な研究を対象とします。例えば次のような研究を含めます。教科は問いません。教科横断的な研究、外国の教科書研究も対象となります。
(1) 教科書の国際比較研究、政策・制度研究、歴史的研究
(2) 教科書の内容分析、使用方法分析、副読本の分析、教科書と教師用書の分析
(3) 教科書の作成過程研究、体裁・装丁等の研究
(4) 教科書についての教師、児童・生徒、保護者等の意識研究
(5) その他、意欲的・独創的な研究

2.応募資格

大学院生、大学教員、研究者。個人研究または共同研究。共同研究の場合は代表者1名が応募してください。

3.応募方法

別紙「申請書」に研究課題、研究目的等を記載の上ご応募ください。(本文は10ないし10.5ポイント以上のフォントを使用し、応分の行間をとり、3枚以内にまとめてください。)
申請書は中央教育研究所ホームページからダウンロードできます。

4.応募先と応募締切

応募先  〒114-0004 東京都北区堀船2−17−1 (公財)中央教育研究所
     Tel.03-5390-7488  Fax.03-5390-7489   E-mail.chu-ken@nifty.com
応募締切 平成30年4月25日、郵送、ファクス、メールにて受け付けます。

5.審査方法

当研究所「教科書研究奨励金審査委員会」(委員長 谷川彰英理事長)において審査の上決定します。
各年度概ね5名の方に交付します。審査結果は、直接申請者に連絡し、また中央教育研究所のホームページに掲載いたします。
審査結果に関する質問・問い合わせにはお答えしません。


6.交付金額

1件につき20万円。使用費目は自由です。ただし、当該の研究活動の遂行から大きく逸脱する支払いは認められません。また、終了後、領収書もしくは使用の裏づけとなるものを添付の上、2月末日までに収支報告をしていただきます。

7.交付決定後の責任

(1)交付対象者は翌年4月25日までに研究成果を10,000〜15,000字の論文にまとめてください。
論文は、文章のほか、図、表、写真等の資料を加えて構成できます。資料を用いた場合は、各資料のスペースを文字数に換算して加算してください。

(2)論文は当研究所の「教科書フォーラム審査委員会」が採択・不採択を審査の上、『中研紀要教科書フォーラム』に掲載します。

(3)中研紀要教科書フォーラムを5部、論文の抜刷りを30部贈呈いたします。

(4)研究内容が申請書と著しく異なる場合、研究成果論文の質が著しく低い場合には、奨励金の一部または全額の返還を求めることがあります。  

平成30年度 教科書研究奨励金申請書


教科書研究奨励金申請書( Word 35.0KB , PDF 90.2KB

平成29年度教科書研究奨励金交付対象者(五十音順)


29年度奨励金交付対象者は下記の5名の方に決定いたしました。
氏  名 勤務先・役職 研 究 課 題
小田切 歩 日本学術振興会(東京大学)
特別研究員
算数科教科書の問いの構成に関する検討
―理解の認知プロセスに着目して―
志村 昭暢 北海道教育大学札幌校
准教授
日本・韓国の小学校英語教科書・教材におけるコミュニケーション活動のタスク性分析
南郷 毅 弓削商船高等専門学校
准教授
高等学校数学科と情報科の教科書における双方向性の構築
福屋 いずみ 広島大学大学院
大学院生(博士課程)
中学生と教師は地理の教科書をどのように参照するか
―眼球運動計を用いた比較検討―
山下 正美 お茶の水女子大学
特別研究員
中学校・高等学校音楽科教科書における「諸民族の音楽」の内容分析